PREV

2020年1月23日(木)

チョコレート作り体験とカカオのサイエンスを学ぶ講座

@出東コミュニティセンター

2020年1月20日(月)に、広島大学名誉教授の佐藤清隆博士を招いて、チョコレートの作り方や原材料のカカオについて科学的な視点から学ぶ講座を開催しました。
実際にカカオ豆からチョコレートを作る体験と、カカオの原産地や遺伝子による分類と、カカオの健康効果などを学ぶ座学の2部構成となっており、熱心な参加者さんが県内外からお越しくださいました。

前半の実習は、定員に達したため、お断りしたお客様も多く、第2回の開催も予定しています。

次回はリクエストが多かった「カカオの美容健康効果について」をやりたいと思います。

 

【特別講師】 広島大学名誉教授 佐藤清隆博士
広島大学大学院 生物圏科学研究科 食品物理学 教授を務める。専門は食品物理学で、40年以上にわたり食品油脂の物理学的研究に従事。特にチョコレートについては、1985年頃からの民間企業との共同研究を手始めに基礎と応用の両面で世界的な研究を牽引。佐藤研究室で行われた基礎的な研究が新しい製品開発につながった例もある。
2010年の広島大学退官以後も、国内外の学会からの招待講演の依頼は数多く、また、国内外の企業・研究機関とも幅広く研究交流を続け、さらには研究者や技術者向けのセミナーでは最新の技術動向も指導している。なお、これまでに65ヵ国を訪れ、アジア、アメリカ、ヨーロッパ各地の歴史や文化にも深い見識を有する。

● 受賞
1994年 アメリカ油化学会「優秀発表論文賞」
2001年 日本結晶成長学会「論文賞」
2002年 油脂工業会「第45回油脂技術優秀論文賞」
2002年 イギリス結晶成長学会「年会記念講演賞」
2004年 イギリス化学工業協会油脂グループ「国際記念講演賞」
2005年 アメリカ油化学会「Stephane S. Chang賞」
2007年 世界油脂会議「H. P. Kaufmann Memorial Lecture賞」
2008年 アメリカ油化学会「Alton E. Bailey賞」
2013年 ヨーロッパ脂質科学工学連合「脂質工学賞」

● 著書
『製菓用油脂ハンドブック』(監修,幸書房,2010)
『脂質の機能性と構造・物性』(共著,丸善出版,2011)
『カカオとチョコレートのサイエンス・ロマン』(共著,幸書房,2011)、
『チョコレートの散歩道』(エレンガントライフ、2013年)
『チョコレートの科学』(共著、朝倉書店、2015)
『Crystallization of Lipids』(編著、Wiley-Blackwell、2018年)

PREV